2008年4月、アパホテル新潟東中通がレトロ調のホテルとしてリニューアルオープンしました。
アパホテルと言えば、東京都内の新築ホテルでは統一感のある建物・仕様となっていますが、地方都市では既存ホテルをリブランドしたものが多いこともあり、よい意味でバラバラです(笑)。

新潟のこのホテルも、他のアパホテルではちょっと見ないタイプ?のレトロ調の内装。
ただし、大型液晶テレビやアパ仕様のベッドなどはしっかりと導入されています。

場所は新潟市のほぼ中心部にあり、新潟大学病院・新潟県民会館は徒歩圏内。

質素ながらも無料で朝食を提供、シングルでは1泊3,000円を切る激安プランもあります(2015年3月20日現在)。


宿泊予約は
アパホテル新潟東中通


リニューアル当時のニュース記事 アーカイブス
2008.04.17
アパグループ、「アパホテル新潟東中通」をレトロ調にリニューアルオープン 新潟県新潟市


アパグループ(東京都港区、元谷外志雄代表)は、「アパホテル新潟東中通」(新潟市中央区)をレトロ調にリニューアルし、4月16日にオープンしたと発表した。
同ホテルは1月25日にオープン後、営業を続けながら客室・館内施設の全面リニューアル工事を続けていた。

今回のリニューアルでは、シングルルーム、禁煙室を大幅に増設、歴史ある姿を活かしながら、レトロ調のデザインに一新。
また、全室アパホテル仕様のライティングデスク・ベッドへ変更したほか、全室に26型大型液晶テレビ・高速インターネット有線LAN接続環境・VODアパルームシアターなどを導入した。
なお同ホテルでは、リニューアルオープン特別価格として、6月末まで、シングルルーム通常価格6,000円(税サ込)〜のところ4,800円(税サ込)〜、ツインルーム通常価格11,000円(税サ込)のところ8,800円(税サ込)〜で提供し、宿泊者には無料で軽朝食をサービスする。


まちおこし・観光・不動産ニュース 遊都総研.comより