「和梨バームクーヘン」の生地には「市川のなし」のジャム入り。

焼くのに支障が無い程度の量だからなのか…梨の味するか!?

単に、バームクーヘンとしてならば、美味しいのですがね。。。。

 

果肉も感じられるように、

和菓子で成功している「白ワインでコンポートにした梨」を使用した

焼き菓子を作るのは、賞味期限的に難し過ぎるのかな…!?

う〜〜〜んっ。残念。。。。

 

 

「梨ウォーター」はたかだか%では、 果汁が少なくて、この程度の味でしょうね。。。。

ペットボトルから、缶の商品になったのも、 おそらく、変色したからでは?

(私はほぼ確信していますが)。

 

 

「梨はそのまま食べるのが、一番美味しい!!」と、

答えた人々が大多数派だったという。

 

ならば、「そのまま果肉をすりおろして凍らせる。」と、

一番美味しい加工食品に出来ると思いました。

 

家内制手工業から可能だし、

色のセンサー使えば、機械化も可能では!?

 

密閉してならば、変色も防げると予想します。

 

果汁100%だと、シャーベットのようで、

凍らせても、美味しいですよ。

 

本当。。。。、一番完成度が高く、ぜひ、お勧めしたかったのは、

和菓子「ありのみ」(峰月堂)!!

 

でも、現在のところは、数量限定生産のようで…残念です。。。。

 

 

見た目を気にし過ぎる日本の市場では、

気象上、加工用になるリスクが多過ぎ!!

 

だからこそ、傷ついても、味が良ければ売り物になる

仕組みを市内で確立させることが、急務では!?

 

 

「市川のなし」を買いに来てもらいたいのならば、

まず、公共交通手段のみで、

梨の直販場所へ行ける交通案内マップを

作成しなければ、意味ないのでは!?

 

最寄り駅・バス停から「徒歩何分か」。

全くわからず、果てしなくは、歩きたくない。。。。

せめて、車以外の交通案内もしましょうよ。。。。

 

ゆずって、レンタル自転車の案内!!

自転車では、持ち帰りの衝撃での痛みリスクあるけど。。。。

「タクシーで行け!!」とでもいうのでしょうか。。。。!?

できれば市の民間委託で、季節運行の巡回バスとか…。

 

夢を語ると… 空港から駅までは、電車でもバスでも行けるハズなのだから、

食べ放題ツアーや、食べ比べツアーを催行できそうな…!!

駅発着・早朝のツアーを、即日受付も可能としたら…!?

空港や機内・電車内で広告見ても、

間に合う時間のツアーもあったら…!?

立地条件としては、国内外共に当たる可能性アリでは!?

 

市川市で栽培されている梨は、

8月上旬の「幸水」を皮切りに、

9月上旬に「豊水」、

10月上旬に「新高」が収穫。

 

「幸水」は、早生(わせ)品種で酸味が少なく甘みが強い。

「豊水」は、中生(なかて)品種で酸味と甘みのバランスが良い。

「新高」は、晩生(おくて)品種で独特の香り。

 

最近では、「あきづき」や「王秋」・「秋麗」といった

食味の良い品種も栽培されているという。

 

でも、そもそもの疑問が…

地元住民の所得で、どこまでの所得で、

どれだけ「市川のなし」が食べられるのか…!?

どういう価格設定なのでしょうかね。。。。


楽天市場での購入は
ヤマザキプラザ市川 楽天市場店

 

同じく、なしそのものも買えます

市川のなし