2008.07.25

鴨川グランドホテル(千葉県鴨川市、石井秀王総支配人)は、同ホテル地下1階に「鈴木真砂女 ミュージアム」を7月20日にオープンしたと発表した。

鈴木真砂女(すずきまさじょ、1906〜2003)は、鴨川グランドホテルの前身であった老舗旅館「吉田屋」に三姉妹の末娘として育ち、日本橋の靴問屋の次男と結婚。
波乱の恋に生きたその人生は、丹羽文雄氏の小説「天衣無縫」や瀬戸内寂聴氏の「いよよ華やぐ」にも描かれており、また本人も人生を俳句を通して表現し、老若男女幅広いファンがいるという。
同ミュージアムでは、真砂女の直筆の俳句のほか、実際に使用していた筆記道具やメモ帳、交友関係のあった人々(瀬戸内寂聴氏、久保田万太郎氏など)からの品々を展示、オーディオビジュアルルームでは在りし日の真砂女の映像を映写する。

鈴木真砂女ミュージアム 概要
 所在地:千葉県鴨川市広場820番地 鴨川グランドホテル内
 開館時間:9:00〜21:00
 入場料:無料

宿泊予約は
鴨川グランドホテル

まちおこし・観光・不動産ニュース 遊都総研.comより