P R ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
この記事は、個人的な古い旅日記を加筆・修正し、アップしたものです。
文中に登場する交通機関や宿泊施設などは、現在では存在しない場合や、内容が大幅に変わっている場合がありますので、ご注意ください。
なお掲載している写真は、
KENKO ケンコー フィルムスキャナー KFS-500 BK ブラックでネガフィルムをデジタル化し、一部修正して使用しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【1998年 北陸の旅 その5】
富山ユースから直江津を経て、佐渡島・小木へと渡る。

1998年10月01日、朝9時、波の音に起こされる。

旅先でこんなに「朝寝坊」ということは、自覚症状の無い披露が蓄積している証拠。。。ただ、相部屋の同宿人も同じく「ゆっくり」と1日を始めると見えて、ダラダラ、ウダウダした空気が流れていた(笑)。
9時30分、別に急ぐわけでもなく、富山ユースを出発。9時40分発、富山ユースホステル前「始発」のバスに乗車。
静かな終着のバス停。乗客は旅人1人。
しかしこのバスは生活路線。途中のバス停で次々に乗客を拾い、たちまち立ち客まで出る。西町、総曲輪といったマチの中心部でどっと乗客を降ろし、10時25分、JR富山駅に至った。能登半島をグルッと回ってきたせいか、久々に大都会?の駅に着いたような錯覚。。。
駅舎の2階には、恐らくは全国屈指?と思われる居心地の良い待合室があった。ダダッ広いホールに、少なめのベンチ。しばらくここでボーッとしたい、とさえ思ってしまった。

富山駅11時12分発「はくたか7号」、12時24分直江津下車。
「速達車両」ではないものの、充分リニューアルされた車両。当然、この列車のベクトルは上越新幹線経由でTOKYOに向かっているのだが、「上京列車」のような雰囲気はあまり感じられなかった。
「鈍行慣れ」した身には、速過ぎる列車。
もちろん、普通の鈍行列車に比べたら快適な座席なのだが、シートの「座高」が高すぎて圧迫感が強い。前が見えない。。。
この日の立山連峰は、黒っぽくかすんでいた。
スーパー幕の内「加賀友禅」を購入。
幕の内弁当を1,100円で売りつけるとは、なかなかの度胸である(笑)。美しい箱を開けると、まあまあ、よくまとまったおかずが、白飯の周りを取り囲んでいるといった感じ。ただし、紙パックのお茶はなんともいだだけない。
「親不知」をすごい勢いで通過する。国道も高速道路も、海岸にへばり付くように取りつけられていた。

直江津にて。駅よりも立派なフェリーターミナル。
フェリーのりば行きのバスが行ってしまったため、JR直江津駅から直江津フェリーターミナルまで歩くことにした。
この区間はかつて、フェリーに乗るわけでもないのにダラダラと「散歩」したことがある区間。今回も、心地よい曇天の下、ダラダラと歩いているうちにフェリーターミナルに到着した。
佐渡汽船フェリーターミナル。
近代的な6階建てのビルだった。コンコース、改札、喫茶、売店、どれを見ても駅よりも立派なのがうれしい。駅よりも港の方が立派な場所=今治を思い出した。食堂のような喫茶店で、グレープジュースを飲み干す。
13時15分、ジェットフォイルの改札が始まった。先を急ぐ旅人を見送る、「旅人の自分」がここに居た。
そして、先を急がない「一般のフェリー」に一番乗りで乗船。

直江津13時40分発、佐渡汽船のフェリーで小木へ。
この日の船は、青函航路並みか、それよりやや大きめの船体といった印象。食堂、売店などはごくごく普通っぽい。
開放型の大広間2等室。
高齢の「ワッペン団体」が窓寄りのカーペットを占拠する。こちらはとくに景色を楽しむつもりも無かったので、中央の30畳はあろうかと思われる大部屋を1人で陣取ることにした。
すぐに船内放送が入る。船長の挨拶、船内の案内、気象情報、と飛行機のようなアナウンスが続く。
あと、2等船室では「宴会禁止」というルールがあった(笑)。
15時、この先の「食糧事情」を危惧し、船内で食い溜めの焼きそばを食す。ベタベタとした、お世辞にも美味しいとは言えない一品だったが、ここはレストランではなく「スナック」。値段が手ごろなので入りやすい。スナックの奥にはゲーセンがあり、ヤンキードライバー風の兄ちゃんが、レース系のゲームに興じていた。
15時35分、いきなりけたたましい音を立てながら、観光案内ビデオが暴れ出した。15時40分、佐渡島・小木フェリーターミナルに到着。
佐渡島への上陸は、意外にもこれが初めてである。

P R ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昨今では、「ワッペン団体」と言うかどうか分かりませんが、佐渡島では旅行会社が主催するツアーが現在でも割と盛んです。
直江津から小木へフェリーで渡るコースは、関西方面からは結構スタンダード?なルートだったりします。

阪急交通社 佐渡ツアー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


初上陸の佐渡島・小木にて。行きあたりばったりで民宿に。
小木フェリーターミナルは、思いのほか巨大な建物だった。が、「ワッペン団体」が去ると、静寂の空間に。
建物内の案内所で本日の宿を聞いてみた。口調は丁寧だが、対応はそっけない。「島」と言えば、旗を持った客引きが待ち構えているもの、と思い込んでいただけに、少々期待はずれではあった。
民宿が2軒あるという海岸通りをダラダラと歩く。市街地の外れに近く、家並みがまばらになったあたりで、その宿はすぐに見つかった。
一旦宿に荷物を置き、買い出しに繰り出す。
小木の街は、静かながらも港を中心に割と高密度にまとまっていた。観光センターやバスの営業所などが、昭和の姿のまま残っている。穏やかに、ゆっくりと流れる潮風が、どこか南国の離島のようでもあった。
宿近くのスーパーに入ってみる。通路が広く、惣菜類が少ないのが都会のスーパーとの違いだろうか。ちなみにここで購入した惣菜類は割と薄味で、コテコテのしょっぱい料理を想像していただけに、個人的にはラッキーだった。

行きあたりばったりで大当たり?の宿「民宿さかや」。
この日の行きあたりばったりの宿「民宿さかや」は、リフォームしたばかりなのか新築なのかは不明だが、新しくて綺麗な建物だった。そしてこの宿もなぜか、廊下が広い。。。
勿論、眼の前は日本海。宿に接する道路も交通量は少なく、理想的な静けさである。
通された部屋も、勿論「眺海」の部屋。これで3日続けで波音を枕に寝ることになる。部屋の広さは9畳。1人で寝るには充分過ぎる広さだ。天井も高く、窓も大きい。飛び込みで入った宿の中では、間違いなく「大当たり」の部類に入る。
ちなみに、客室のテレビはタダで、クーラーは有料。コイン式のクーラーというものを初めて見た。

18時30分、窓からは直江津から到着するフェリーが眼前に。
畳間からこんなダイナミックな景色を望めるのも、この宿のおかげ。
館内には洗濯機と乾燥機があった。しかも、コインを入れてもいないのに、勝手に作動してくれた。乾いていなかった下着も、これでどうにかなりそうだ。。。
21時30分、雷が鳴る。
明日は1日中「歩き」の予定なので、暴れるなら今宵のうちにジャンジャン暴れて降り切ってもらいたい。。。

紹 介 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「民宿さかや」は2013年5月現在、元気に営業している模様。ただし、佐渡島の民宿は殆どの場合、宿泊予約サイトなどでは予約できません。佐渡島の民宿ポータルサイトからは予約できるみたいです。

佐渡の民宿総合案内所
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■