2008.06.18

総合都市開発のアパグループ(東京都港区、元谷外志雄代表)は、アパホテル新潟古町(新潟市中央区)の開業披露式典を6月16日に実施したと発表した。

同ホテルは、アパホテルとして63番目、新潟地区では3番目のホテル。建物・客室規模は、地上11階建・全233室(シングルルーム176室、ツインルーム56室、DXツインルーム1室)、最大収容人数290名。
ホテル2階には、アパホテルの特徴の1つである人工ラヂウム温泉大浴場・露天風呂を完備した。
また、ホテル1階には、レストランテナントとして「三代目茂蔵」(運営:株式会社K・HOUSE)が同日オープンした。
宿泊料金は、平成20年8月末までのオープン記念特別価格として、シングルルーム通常価格7,000円(税サ込)〜のところ5,200円(税サ込)〜、ツインルーム13,000円(税サ込)〜のところ8,800円(税サ込)〜で提供する

宿泊予約は
アパホテル新潟古町

まちおこし・観光・不動産ニュース 遊都総研.comより