2008.07.16

国立大学法人三重大学(三重県津市)と志摩観光ホテル(三重県志摩市)はこのほど、肝臓病の食事療法の普及を目的とした、肝臓専門医によるセミナーや肝臓病食(鉄制限食)を取り入れたツアーを、9月21日・22日の2日間、同ホテルにて企画・開催すると発表した。

三重大学医学部消化器内科では、食事からの鉄分摂取を控える「鉄制限食療法」を提唱、2006年よりホテル側と共同で「食事療法を楽しむツアー」を企画してきた。

第4回となる今回は、三重大学医学部消化器内科の竹井謙之教授が中心となり、鉄制限療法のほか、「脂肪肝とメタボリックシンドローム」と題したセミナーを行うなど、近年問題となっている脂肪と肝臓病の関係についても取り上げる。

ツアーでの食事は、同ホテルの宮崎英男シェフが三重大学医学部附属病院の岩田加壽子管理栄養士と協力し、鉄分摂取を1日6ミリグラム以下とする鉄制限食療法に沿いながら、地元・三重の食材を使ったオリジナル鉄制限食メニューを考案する。

ツアー概要
 日程:9月21日(日)〜22日(月)
 開催地:志摩観光ホテル(三重県志摩市阿児町賢島)
 セミナー内容:
  『鉄制限療法で肝臓をまもる』
   講師/垣内雅彦(かいと まさひこ)みえ消化器内科 院長
  『脂肪肝とメタボリックシンドローム』
   講師/竹井謙之(たけい よしゆき)
    三重大学医学部 消化器・肝臓内科 教授
  『肝臓病の栄養と食生活』
   講師/岩田加壽子(いわた かずこ)三重大学医学部附属病院
    栄養管理部 管理栄養士
 料金:日帰りプラン(21日のみの参加) 20,000円
  一泊プラン(両日参加)
 1室3名利用の場合 一人33,000円
 1室2名利用の場合一人35,000円
 1室1名利用の場合一人40,000円

宿泊予約は

志摩観光ホテルベイスイート


まちおこし・観光・不動産ニュース 遊都総研.comより